ヘルパーステーション「ふぁいと」

~僕らの助っ人の基地「ふぁいと」~

僕たちが「ぴのきお」にあるいろんな基地、かっこよく言うとサテライトってとこかな。そこで過ごすには、助っ人の存在が欠かせない。
だからみんなで相談して、助っ人の基地「ふぁいと」を作ってあげたんだよ。助っ人もたまには、基地でゆっくりしたいと思ってさ。
助っ人は沢山いる。毎日忙しい様子を見ていると、たまに分身の術でも使っているのかなぁ?って思うぐらいだ。
だってね、僕たちが忙しくって基地に行けない時には、家まで来て助けてくれたり、時には買い物だってつきあってくれる。僕が忙しくって家族の話が聞けない時なんか、家族の話相手までしてくれちゃうんだよ。すごいでしょ。
だから、僕たちは日ごろの感謝と応援の意味を込めて、「ふぁいと」って名前の基地を作ったってわけさ。
誰だって、誰かの助けがあって生きている。
お互い様なんだ。
でも、感謝の気持ちを忘れたらだめでしょ。

ヘルパーステーション「ふぁいと」とは

ヘルパーステーション「ふぁいと」は、どんなに重い障がいをもっていても地域で自立した生活をしたいという障がい児・者とそのご家族の思いを支えるヘルパーステーションとして福祉サービスの提供をしています。
利用者さんに合わせた支援計画に基づき、居宅介護・重度訪問介護を行い身体機能の維持向上を図りながら入浴支援や食事の介護を行っております。また、外出や買い物、通院などの移動支援も行っており、充実した日常を提供できるよう取り組んでおります。

利用者さんを訪問すると、ご本人をはじめご家族は笑顔で出迎えてくださいます。ご家族から日常の様子や困りごとの相談などを伺うこともあります。利用者さんやご家族と一緒に過ごさせていただく時間。それが私たちの大切で愛おしい時間です。